アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
金

title 遺品の整理の手順

最近良く耳にすることが多くなった遺品整理、亡くなった方の持ち物を整理して片付けることです。
家族や親戚、財産管理を任されている人がなくなり、遺品の整理をする際に手続きなどを事前におさえておくとスムーズに整理を行うことができます。
遺品整理といった場合、財産よりも個人が使っていた私物の整理ということ指します。
生活家財や書類、書籍、写真などの身の回りのものを整理していく作業です。
なくなった方が賃貸物件などに住んでいた場合は、遺品整理を急ぐ必要があります。

故人の親族や友人
財産以外の整理となりますので、思い出にまつわるものなどは、親族や友人などが揃っている機会に整理することをおすすめします。
葬儀の後や四十九日法要のあとに、形見分けを希望する人を集めて行います。
生活家財や書籍などの私物の整理、残されたものが少ない場合はいいのですが、家財道具などが多い場合は、遺品整理の業者を利用することをおすすめします。
生活家財などをまとめて取り扱ってくれるので、スムーズに整理が進みます。

アクセサリーボックス

title 掃除から買い取りまで

遺品整理業者は遺品を整理して、掃除や脱臭、除菌なども行ってくれます。
生活家財や家電、書籍などは買取サービスも利用できます。
立会が基本ですが、忙しい場合は業者に任せることも可能です。
遠方からの遺品整理の場合は、業者に任せるといった利用法もあります。
業者に任せることで、残された家族や親族の負担を軽くすることができます。
遺品の整理は思いの外、労力が必要な作業なので、業者を利用することが必要になるケースも多くなってきます。

財産管理人について
財産管理人とは、財産の所有者や相続人の存在が不明の場合、当事者にかわって財産の管理、保存、処分、清算を行う人のことです。
家庭裁判所は申し立てにより相続財産の管理人を選任します。
財産管理人は亡くなった方の債権者などに対して、被相続人の債務を支払うなどして清算を行い、その後財産が残った場合には国庫に帰属させます。
特別縁故者に対する財産分与が行われる場合もあります。
財産管理人に選任されるための特別な資格はいりませんが、相続財産を管理するのに最も適任と認められる人が選ばれるので、弁護士や司法書士などの専門職が選任させることが多いです。

カメラ

title 遺品整理について

遺品整理は故人の残した品物を整理することです。
故人が生存中に所有していたものが対象で、生活雑貨や衣類、家具など財産価値の少ないものも含まれます。
日常生活で使っていた家財道具などの中から、遺族にとって思い入れがあるものを選び、形見として残すものと、遺品整理として片付ける必要のあるものを分けていきます。
遺品は遺産の中の動産にあたる部分なので、手紙や通帳など必要なものの管理以外は、遺品整理の際に処分することが多いです。

買取システムについて
近年独居のまま亡くなる人が増え、大量の家財道具が残されることもめずらいことではなくなりました。
さらに残された遺族には、その整理と廃棄が負担となるケースもみられ社会問題になっています。
また賃貸住宅の場合は、早急に部屋を引き払う必要もあるため、これらの作業を専門の業者に依頼することも多いです。
最近では整理と買取を同時に行う業者もあります。
故人が大切にしていたものの中から価値のあるものを買取し、リユースします。
搬出費用からこの買取費用を差し引いたものが、依頼者の料金になる仕組みです。
ごみとして処分されるものを減らすことができるので、この買取システムを選択する人も増えています。